お口の清潔感は不自然な白さかナチュラルな白さどっちのほうがいい?

セラミック歯などは時間をかけずに輝く白い歯を自分のものにできます。

だけど、カラートーンを欲張ると顔色に合わない白さはかえって自然でないイメージを与えることがあります。最近、雑誌やSNSでも紹介されているホワイトニングサロンなども小さなスペースやビルの一角などにありますね。これらは医師が必要なくブリーチングではなくポリアスパラギン酸自分でおこなうセルフホワイトニングがかえって煩わしさもなくメリットとなっています。

ポリリン酸を利用した着色汚れの化学分解は煩わしい工程を掛けることなく、出かける必要もないし、朝晩の歯磨きを交換すれば理想の歯の白さに近づけていきます。

歯科医の現場でも使用されているポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸ナトリウムが入れられている歯を美白する製品が注目を集めていて有名人にも使用しているひともいて最近のホワイトニングといえばポリリン酸系のホワイトニングが売上もよいです。ポリリン酸は落ちにくい長年の黄ばみやステインを分解除去することから汚れを削り落とす研磨とは違って分子レベルで汚れを浮きあがらせて落します。

ブリーチングは費用として3万円前後ぐらいが掛かってきます。ブリーチングは歯を白く脱色していくには漂白作用のある薬剤を使わなけれなりません。

ポリリン酸ナトリウム入りのホワイトニング剤だと頑固なステインの付着や黄ばみを除々に落としていきながら、黄ばみやステインの再付着を予防するので輝く白い歯を続くようになります。

常日頃にやるオーラルケアと同様に無意識に歯の黄ばみ改善ができれば、少ない時間でホワイトニングできます。ポリアスパラギン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤になるとそれが出来てしいます。ステイン除去は美容室にいくように当然のことになりつつあります。

もっと言えば、メイクや髪型に時間を費やしてキレイにしたとしても歯が汚ければ冷めてしまいます。

かかりつけの歯医者などでは簡単な歯の黄ばみやヤニの洗浄をやってくれるところもありますが、本格的な黄ばみや変色はキレイに落ちるものでもないのです。電動歯磨きを使用するときは通常のハミガキ粉を常用するよりも電動ハブラシ専用のホワイトニングジェルのほうが歯を痛めずに歯を磨くことができます。

ホワイトニングで人気があるのはセラミッククラウンという歯を削ってそれを土台にして被せる歯科医院などでもすすんでいてセラミックだけを使ったものではなくコンポレッドレジンや人工ダイヤモンドを練り込んだジルコニアセラミックなど注目はEマックスといってガラスセラミックより自然な輝きと透明感のある質感を実現できてさらに、値段もジルコニアよりも安くつくれることでセラミッククラウンは年々受けるひとが多くなっているといいます。

ステインイレーサーという歯の消しゴムを聞いたことがありますか?大きめの薬局などでも売られているステインイレーサーは通常どうやっても落ちないような色素沈着を集中的にこそぎ落とします。

なので研磨剤配合の歯磨き粉に似ています。歯のホワイトニングケア製品は美歯にするのはもちろんポリリン酸ナトリウム配合の商品には健康な歯ぐきにしたり、そして細菌の殺菌作用により口臭の予防までしていくれるので総合的にホワイトニングケアと同時にオーラルケアまでできてしまいます♪日本製であってもコーヒー、ワイン、カレーなどのステイン汚れなど普通の歯磨きでは除去できないような頑固な汚れをきれいにするには目の粗いポリマー入りの歯磨き粉を購入するのがあたりまえのときもそう昔の話しでもありません。カレー、ワイン、ビーフシチュー、チョコレート、紅茶、コーヒーなど色の付いている食品にはほとんどといってポリフェノールなどの含んでいるので、偏ってとれば知らず知らずのうちにハミガキでは取れない染みついた色となってしまうことがほとんどです。

市販品ではダメ!?歯を白くする一番効くのがこれだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です